制作工程・設備紹介について

制作工程

浜田染工では、企画から納品まで一貫しての生産体制を取っております。途中経過などの報告などは すべて、弊社で確認が可能となり、出来上がるまでの不安を弊社で解決することができます。

設備紹介

配色シミュレーションシステム

SHIMA SEIKI SDS-ONE APEX3 デザインシステム

テストスチーマー

市金テクニカル製 辻井染機製
マス見本(サンプル)用試験蒸機です

カラーキッチン

クラボウ AUKITCHEN
人の手による計量ミスを防ぎ、品質を向上させます。

11色オートスクリーン捺染機 2台

東伸工業製
ゴムベルトに張り付けた生地を正確に送り、シルクスクリーン型を用いて、プリントしていきます。

UPパッダー

京都機械製
染料液に浸し、無地染めをします。

ロータリー(2色)

東伸工業製
ストライプ、水玉柄などに適しています。

インクジェットプリンター

コニカミノルタ ナッセンジャーⅤ
デジタルデータ化された図柄を前処理された生地にプリントしていきます。色数、柄サイズに制約がなく自由な表現ができます。

連続スチーマー

ARIOLI(イタリア製) 2台(内1台2012年9月導入) プリント後、染料を発色させます。 (反応染料 102℃ 10分~20分蒸し) (分散染料 170℃ 8分蒸し) カチオン染料(アクリル染め)102℃ 25分蒸し 酸性染料(ウール染め) 102℃ 40分蒸し